膣の緩みが恥ずかしいならトレーニングを始めよう

レディ

骨盤底筋を鍛えるポイント

レディ

トレーニングのメリット

骨盤底筋を鍛えるトレーニングには、尿漏れや頻尿にならない効果があります。骨盤底筋は骨盤の底にある、内臓を下で支えている筋肉です。そして骨盤底筋に囲まれるようにして尿道があります。トレーニングをして強化すれば尿道が引き締まって縮小されるので、尿漏れ予防になります。女性であれば膣の縮小効果が期待できます。膣縮小の外科手術をするリスクを犯さなくても、毎日のトレーニングで膣が引き締まります。トレーニングならただでできてリスクもなく簡単です。また、骨盤底筋がしっかりとつけば、お腹まわりに脂肪がつきにくい体質になるダイエット効果もあります。さらに便秘の解消効果もあるので、便秘による肌荒れの予防にも繋がります。

効果を上げるには

膣縮小やダイエット、便秘解消など、女性にとって沢山のメリットがあるエクササイズが骨盤底筋トレーニングです。トレーニングは基本的に簡単ですが、効果を上げるために気をつけたほうが良いポイントがいくつかあります。まず大事なことはリラックスした状態で行うことです。肩の力を抜き、深呼吸をして、楽な姿勢で行うのが基本です。唯一、力を入れるのが骨盤底筋付近です。女性なら膣や尿道のあたりを意識して動かすとやりやすいです。骨盤底筋トレーニングは、常に骨盤底筋だけを意識して動かすようにするのがポイントです。ただ、普段使っていないと最初は難しいです。しかし、何日かトレーニングを繰り返せば、だんだん意識できるようになります。